日本でお留守番のハッチもお年頃(笑)     サンパウロ州で暮らす油屋の ドタバタ見聞記です。


by yukun588
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

12/OUTUBRO 2007 ブラジルの風邪薬

先週の水曜日に早起きし過ぎて、身体の調子を崩したのか、火曜日から風邪を引いてしまった。 5月は寒波の影響とホテルの水シャワーのせいで扁桃腺が腫れて40℃以上の高熱に悩まされたが、今回のは鼻カゼの様です。

気温も高いことだし、日本から持って来た新ルルA錠を飲んでいればすぐに直るだろうと思っていたが、ひどくなる一方で、一向に回復しません。

これは、やはり地元の日本人会の大先輩達に相談しよう!と思って、今日は祝日なので、サンタヒッタのスポーツクラブへ行きました。
生憎、ゴルフクラブのキャプテンで脳神経外科の権威のドトール・エジソンさんは来ていませんでしたが、サンジョゼ歴20年以上の数人の大先輩達が相談に乗ってくれました。

「ウイルスの種類が違うのか、有効成分が少ないのかよく分からないが、日本のカゼ薬はここでは全く効かないよ! よく効く薬を教えてあげるから、薬局へ行って買いなさい」と教えて貰いました。
e0118096_6413420.jpg

ちょっと注意しなければいけないのは薬が強いので、飲み過ぎないことだそうです。
手前のNALDECONが総合感冒薬、奥の左のREDOXONはビタミン錠剤、右のNovalginaは解熱剤です。

総合感冒剤とビタミン錠剤を呑んだら、鼻水や頭が痛いのが楽になったので、記事を更新して寝ることにします。

↓ 日本の薬が効かないんじゃ大変かな?と思った方は、一日一回ポチ・ポチっとクリックして下さいね。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

by yukun588 | 2007-10-13 06:51 | 習慣