日本でお留守番のハッチもお年頃(笑)     サンパウロ州で暮らす油屋の ドタバタ見聞記です。


by yukun588
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

カンポス・ド・ジョルダンはブラジルのスイスと呼ばれ、標高1800m,サンパウロから200km,車で2時間程度の高級別荘地です。サンジョゼやカサパバからは1時間程度で行けるので、5月に連れて行ってもらいました。
e0118096_18572995.jpg

-雲の上にあり、下界のタバテやカサパバの町が遠くに見えます。-

下界ではあまり見かけないポルシェやベンツ、BMWなど超高級車が停まっていて、さすが、サンパウロのお金持ち専用別荘地だなあと関心しました。

e0118096_18592449.jpg

-超高級ホテルらしく、5-8月のシーズンは予約が非常に困難だそうです。-

空気も良くさわやかな上に美しいチロル風の建物やレストランなどがあり、いい雰囲気でした。
土産物屋の横の公衆トイレが有料でR$2程度取られたのにはびっくりしましたが、ここは下界の2倍くらい物価が高いと聞いていましたので、そんなもんかなと納得しておきました。

ちょうどその頃は紅葉が始まっていて、ハンドボール球くらいの大きさの巨大な松ぼっくりが弾けて飛び出した松の実を道端で子供たちが売っていました。一袋がR$1程度と安く、塩ゆでにするとビールのつまみに合うそうなので買って帰りました。

今は標高800mのサンジョゼの気温が9℃ですので、カンポス・ド・ジョルダンでは氷点下まで気温が下がっているはずです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
by yukun588 | 2007-07-29 19:01 | ブラジル
コンクリートの白壁だらけで殺風景なアパートの部屋に何か飾るものはないかと朝市(Feira)へ花を見に行きました。
僕のアパートの近くでは火曜日が朝市で6時過ぎからお昼頃まで、肉に魚介類、フルーツ、野菜の他に花が売られています。

曜日によって朝市が開かれる通りが違うので、毎日どこかでやっているはずです。
スーパーマーケットとは鮮度も価格も大違いで、安くて良いものが手に入るみたいです。
今までに、洋ナシ、マンゴ、メロン、パパイヤなどのフルーツを買っていますが、何れも美味しくてスーパーの半額以下の値段で買えました。

e0118096_3463082.jpg

今回は、7時前で、通勤時間が迫っており、じっくりと品定めすることはできませんでしたが、薄明かりの中で直感的に良さそうだと感じたベゴニアの赤くて大きい鉢と紫の小ぶりのものを買いました。 大きいのがR$8で小さいのがR$2でトータルR$10(650円くらい)でした。

これで少しは部屋の雰囲気が変わるかな?!

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ
にほんブログ村 写真ブログへ
by yukun588 | 2007-07-28 03:48 |
3週間Ferias休暇をとっているガブリエル君からサンパウロのサファリパーク(Parque de safári)で楽しんでいる写真が送られてきました。

e0118096_20333415.jpg


ブラジルにも車で乗り入れて動物の生態を身近に感じることができるサファリパークがあるようです。
e0118096_20351540.jpg


キリンが窓を覗き込んできたり、モンキーがボンネットの上に乗ってきたりして、家族でたっぷり楽しめたようです。(料金は一人R$10程度と安い模様)

僕も日本の富士サファリパークは子供達を連れて何回か行ったことがありますが、以前、地震で柵が壊れて猛獣が野放しになったりした事件があってから、行かなくなりました。

地震の無いブラジルでは問題ないのかな?、でも、先週、サンパウロで飛行場の大事故があったようにブラジルは管理がズサンな所があるのでちょっと心配かも知れませんね。

もう少し、車の運転に慣れたら、サンパウロを探検してみます。 KINKAKUJI do Brasilも見てみたいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
by yukun588 | 2007-07-27 20:51 | ブラジル
カサパバの工場近く、Dutra(高速道路)沿いにVinhos colonyというワイナリーがあって、全国の色々なワインが楽しめる上に、ここカサパバ特産ワインが無料で試飲できます。
e0118096_474277.jpg

渋めと甘めの2種類の赤ワインを飲み比べてみましたが、どちらもそれぞれ美味しかったです。 ブラジルのワインもなかなかイケルなと見直しました。

建物の中にはワインバーの他に、なめし皮製品や籐製品なども展示してあり、結構楽しめるところです。

このカサパバには他にピンガ工場もあるようですから、今度はピンガの試飲に行ってみます。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ
by yukun588 | 2007-07-26 04:13 | ブラジル

24/JULHO/2007 ブラジルの猫

日本を発って1ヶ月、残してきた愛猫チャッピーとハッチが次第に気になりだしてきました。

機内の退屈しのぎに成田で買った大佛次郎(おさらぎじろう)さんの短編エッセイ集『猫のいる日々』(徳間文庫)を眠れない時にグラスを片手に読んでいます。

昭和初期の鎌倉が舞台で、かなり古い小説だけど、猫の我侭な習性を自分に正直で、人間に媚びることが無くて美しいと称賛してしまう所など、愛猫家の気持ちは昔も今も変わらないな、と変に感心しています。

また、紀元前2000年くらい前の遺跡から、猫のミイラが発掘されたようですが、人間と猫との深い関わりは有史以前から営々と4000年以上も続いているんだなということが良く判りました。

e0118096_372579.jpg
e0118096_382253.jpg


さて、ブラジルの猫はと言えば、昼飯時になると工場の食堂へやって来てニャーニャーとよく鳴く典型的なブラジル野良猫プレット(gato preto:黒猫)や、Urbanovaのお屋敷にいたペルシャ猫のチッチなど、日本の猫とは姿は違ってもそれなりに可愛らしく、地球の裏側でも猫はちゃんと愛されていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ
にほんブログ村 写真ブログへ
by yukun588 | 2007-07-25 03:10 |
サンタヒッタの隣は遠くリオデジャネイロまで続くパライバ河が流れ、樹木も多いのですが、この時期には無憂樹(ムユウジュ)のオレンジの花が咲いていました。
e0118096_3142891.jpg

e0118096_3151385.jpg

ムユウジュはお釈迦様の誕生に関わる樹で仏教三大聖木と言われているそうです。
日本にも多いようですが、仏教徒?でありながら、あまり気にしていませんでした。

インドが原産で、名前の通り、幸福の木、恋に悩む乙女の祈りをかなえてくれる樹だそうですが、おじさんの祈りは無理かな?(笑)、今度お願い事でもしてみます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 海外生活ブログ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
by yukun588 | 2007-07-23 03:21 | ゴルフ

19/JULHO 2007 ビー玉トイレ

先月、日本へ帰った時に、横浜の警察署に用事があって、帰りにマリンタイムミュージアムの辺りを散歩していました。
e0118096_3515593.jpg

お天気も良くて観覧車も綺麗で気持ちのいい眺めでした。 お昼時で、この辺りで潮風にあたりながら、お弁当を楽しんでいるサラリーマンも多かったです。

僕もお腹が減ったので、近くの見晴らしの良いイタリアンレストランでランチを食べました。
その後、お手洗いに入ると中がガラス張りで、ビー玉をいっぱい敷き詰めた壁面の洗面所とトイレがありました。

e0118096_3533463.jpg

ビー玉の由来は500年前に伝来したポルトガルのVIDRO(ビドロ:ガラス玉)が語源だと聞いています。 
このような装飾はどこか、教会のステンドグラスの雰囲気にも似ていますが、ヨーロッパだとよく見かけるものなのでしょうか?、僕はまだ行ったことがないので判りません。 

どなたか、こんな変わったトイレを見かけたことがあれば教えてくださいネ。

にほんブログ村 海外生活ブログ
にほんブログ村 写真ブログへ

http://pds.exblog.jp/pds/1/200707/21/96/e0118096_1331688.gif
by yukun588 | 2007-07-20 04:02 | 日本にて
このところ、週末はサンタ・ヒッタ通いが続いています。一日で10km近く歩くと、いい運動になりますが、お腹も減ってきます。 

一緒に遊んだ大先輩達のお勧めスタミナ料理が下の写真のドブラジーニャ(牛のモツ煮)でした。 フェイジョアーダと並ぶブラジルの庶民派豆料理らしいです。

トマトと牛のホルモンを使う、イタリア、スペイン料理から伝わったとも、主人が食べない牛モツを使った黒人奴隷の料理とも言われています。
e0118096_1355171.jpg

レストランのご主人の話では、牛のミノや肉、白豆、トマトなどを煮込んだ料理で、3回もミノの煮汁を捨てて臭みを取るそうで、仕込みに大変手間の掛かる料理だそうです。

日本式に言うとモツ煮ですね。 臭み消しに七味をたっぷりかけて頂きました。
ビールにもご飯にも合って美味しいです。 特に寒くなるこの季節には最高ですね。
そう言えば、南部の2州では昨日氷点下(-1.5℃)を記録したようです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
by yukun588 | 2007-07-17 01:37 | 食べ物

16/JULHO/2007 畑の野菜

カサパバの工場敷地はとても大きく、実際に使用しているのは50%ほどで、残りはフットボールのグランドや空地です。 
空地の一角には趣味でお昼休みに野菜を育てている人がいて、無農薬栽培でレタスや赤カブ、ネギなどが立派に育っています。
e0118096_2062833.jpg

e0118096_2081171.jpg

日本から持ってきた野菜の種を撒いて、飲用可能な工場で使用する地下水(毎月水質の検査をしています。)をかけて育てているようです。
持って行っていいよ♪と言われたので、レタスは朝晩サラダにして頂きましたが、ガスが使えるようになったら、この赤カブやネギで何か美味しい料理を作ってみたいですね。
それから、僕は赤カブの酢漬けも大好きなので、漬物にも挑戦してみようかな。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
by yukun588 | 2007-07-16 20:08 | 食べ物
サンジョゼのサントス・デュモント公園のあるBarros通りの外れにKITANDINHAという日系人のご主人が経営している八百屋さんがあります。

ここには輸入した日本食品や家電、台所用品、洋品類なども置いてあるので、日本人や日系人の人達は皆、重宝されているようです。

輸入品に100%もの関税を掛けるお国柄なので、価格が日本で購入するよりも3~4倍程度高くなるのはやむを得ないかも知れません。

昨日は、洗濯で出来た衣類の毛玉を取るシェーバーを買いに行ったのですが、ついでに青果を見ると、大変立派な富有柿が並んでいるのが目に入りました。
e0118096_1345165.jpg

Presidente (隣はCAJUの実で、先っぽを炒ったのがカシューナッツです。)

ブラジルの柿は4月以来何回も買って食べており、ブラジルで品種改良して開発した京都柿(マーブルチョコレートの様な果肉の柿)も美味しいですが、なんといっても富有柿が一番美味しいと思っていました。

しかし、これだけ大きく立派な柿は初めて見ました。 お値段もR$18/kg(約1200円)とプレジデント級ですが....少し迷った挙句、味見に1個だけ購入してみました。 重量は約500gでした。 週明けには食べた感想を書く予定です。

なお、こちらの柿はここサンジョゼから、車で1.5hr程の、日系人の多いモジ市がブラジル一番の産地だと聞いています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
by yukun588 | 2007-07-14 01:40 | 食べ物